お知らせ

新型コロナウイルスへの対応について

お客様各位
現在、新型コロナウイルスによるマスク、アルコール消毒液の不
足、非常事態宣言、学校の休校、フェイクメールなどによる日常
生活への影響が顕著に表れています。

また、企業活動においても所謂BCPを考えた、テレワークなど
の在宅勤務や、労働力の不足、原材料の未調達などによる売上低
下など、深刻な影響が考えられます。

弊社においても、マスク着用、体温測定、出社制限、テレワーク
の検討を行い、お客様との打ち合わせについても、モバイルによ
る打合せに可能な限り変化させて頂くなど、かつて経験をしたこ
とがない対応を行ない、また日々対応に変化が求められています。

このような中、弊社が発信できることは、お客様の従業員の労働
条件の変更、売上・利益・健康の確保に関することです。

新型コロナウイルスが影響する間、お客様と未曽有の事態に対処
出来るよう情報の発信を続けてまいります。
■「新型コロナウイルス感染症 市民向け感染予防ハンドブック」
が東北医科薬科大学医学部で作成されています。
会社が行うべき対応や従業員の理解が得やすいため、印刷して従
業員に配布してください。
http://www.hosp.tohoku-mpu.ac.jp/manager/wp-content/uploads/2020/02/新型コロナウイルス感染症_市民向けハンドブック_20200225.pdf
■雇用調整助成金について
【対象】
新型コロナウイルスの影響で1か月の売り上げが前の年の同
じ時期に比べて10%以上減少した事業主

【要件】
雇用保険被保険者(6か月以上加入者)に対して、休業補償(平
均賃金の60%)を実施すること
休業させた日に教育訓練(社内外を問わず)を実施した場合は加算
あり

【支給額】
休業補償の2/3(大企業は1/2)(1人1日8,335円が上限)
教育訓練を実施した時、1人1日1,200円加算
支給限度日数は1年間で100日

【支給対象期間】
令和2年1月24日~令和2年7月23日

■小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援について
【要件】
新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、臨時休業した小学
校等(※)に通う子または風邪症状など新型コロナウイルスに感
染した恐れのある小学校等に通う子の世話を行う事が必要となっ
た労働者に対し、労働基準法上の年次有給休暇とは別途、有給(
賃金全額支給)の休暇を取得させた
※小学校等:小学校、義務教育学校(小学校課程のみ)、特別支
援学校(高校まで)、放課後児童クラブ、幼稚園、保育所、認
可こども園等

【支給額】
休暇中に支払った賃金相当額×10/10(上限8,330円/日)

【支給対象期間】
令和2年2月27日~令和2年3月31日

弊社においても、お客様に伺って直接ご説明させて頂きたいとこ
ろですが、我々も感染源となり得ますので、出来る限りZOOM
やSkypeといった、モバイルテレビ会議にて行わせて頂きた
く存じます。
ご心配事などございましたら、エルクエスト担当者までお声がけください。

ページ上部へ戻る